【パワーストーン効果&意味辞典】

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421

パワーストーンの効果

 

パワーストーンは、ここ数年でとてもポピュラーになりました。日本ではパワーストーンと言いますが、英語ではジェムストーンと呼ばれています。

 

言葉自体はまだ新しいですが、古来より神秘的なパワーがあると信じられ用いられてきました。文化的な交流のない地域でも、同じように眼には見えないが不思議なパワーがあるとされて来ました。面白い事に、離れた地域で、同じ種類の石が同じような効果を持つされている例がとても多くあります。

 

古くは自然信仰や民間療法で用いられてきたものですが、量子物理学などの発展によって科学的にそのパワーが認められてきています。 私たち人も、パワーストーンも原子レベルでは振動しています。私たち人の体だけでなく、思念や感情にもそれぞれに振動数があります。パワーストーンにもそれぞれに固有の振動数があり、それが私たちの肉体、意識、精神と共鳴する事で、私たちのエネルギー(波動)を高めることで、私たちが望む効果を出しているのです。

 

バイブルオブパワーストーンでは、一般的な口伝だけでなく、鉱物学的な視点、スピリチュアルな視点からもパワーストーンの力についてお伝えします。  

 

 

chakras

パワーストーンとチャクラ

 

チャクラというのは、古代チベット医学で使われる言葉で、これがそのまま世界中に広まっているのですが、サンスクリット語で「車輪」を意味する言葉です。

 

私たち人間は目に見えない部分で肉体を重なり合った生体エネルギーの体があります。生体エネルギーは振動して全身にいきわたり、エネルギーの流れを作っています。

 

主要なチャクラというのは、一般的に背骨に沿って点在する7つのチャクラですが、 チベット医学では70000以上のチャクラがあるとしています。このチャクラに対応する部位にパワーストーンを乗せたりするチャクラヒーリングがあります。

 

それぞれのチャクラは、対応する部位に置かなくても、手に握ったり、ブレスレットやピアス、ペンダントトップとして身に付けることでも、効果を得ることができます。  

 

 

koubutsu

鉱物学データ

 

パワーストーンという見えない力に焦点を当てた解釈ではなく、現実的に鉱物学の視点から見たデータを記載してきます。ある程度の裏付けの採れた情報、史実の場合は、歴史的な見解も解説しています。一般的に知られるパワーストーンの知識を、より一層深めることができます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check